いらっしゃいませ! 大阪発 ビール大好きbeerpapa(ビアパパ)の鳥撮りBLOGです。


日本一小さな野鳥

a0076493_13364949.jpg
2006 5/25 晴  金剛山大阪府下ながら一度も行っていない金剛山に行ってみようと、昨夜のうちにNETでロードアクセスを確認していたが、奥さんには言いそびれてそのまま就寝。朝 急なおにぎり作りの申し出に奥さんはプンプンと思いきや、以外にも機嫌がいい。

金剛山ロープウエイは9:00始発なので家を7:00スタートした。季節はずれの河口恭吾の「桜」を聞きながら外環状線を南下 八尾、藤井寺、富田林、河南町、千早赤阪村を抜け いよいよ金剛の山道に入り30分位走っただろうか ドンつきの村営駐車場に9:20到着。思っていたよりず~とず~と遠かった。

ロープウエイ乗り場まで徒歩5分で到着。先客10人がすでに乗り込んでいて座れる場所はない。常連だろうか?おばちゃん達が大きな声で喋り捲ってる。少々睨んだくらいでは大阪のおばちゃんには効き目なし。無視しよう!と決めた。
ロープウエイから見る景観は素晴らしいの一言。第一ステージは少しなだらか 第二ステージから急勾配に入る。一気に1000Mまで駆け上った。ふぅ~ すげぇ~最高! だが耳障りな声は最後までうなりっぱなしだった。

山上駅からコースは多数ある様だが、気の向くまま歩こう。なだらかなのぼり坂をあてもなくゆっくり歩く。

あれは何?木立の中で何かが動いた。ヒヨドリかな?と思ったが鮮やかな羽色をしている。野鳥ブックで見たカケス?記憶力は年々衰えているが、とっさの時には出てくるものだ。
カケスに間違いない。カメラを構えるが小枝の奥の奥なので、諦めて目視をする。

どの位歩いただろうか?社が見える。沢山の人が休憩をしたり、食事をしている。ここが「葛木神社」らしい。大きな木の上の方で大きな声で囀る野鳥がいるが、いくら探しても姿は確認できない。半開きの口を開け、キョロキョロと見上げてる自分の横で、行き交う人も立ち止まって同じ方向を見上げている(笑)

アッ!あんな所(掲載写真)に・・・ 黒くて小さな鳥がいる。Situationは良くないけど撮っておこう。

今回の鳥見は この鳥(ミソサザイ)とキビタキそしてゴジュウガラ、カケスでした。
  ★ミソサザイ【スズメ目 ミソサザイ科】の特徴   
   日本で一番小さな鳥(体長:11㎝)のひとつで、体に似合わぬ大きな美しい声で鳴く。
by beerpapa | 2006-05-26 13:35 | ミソサザイ | Comments(0)
<< ユリ@世羅高原 あ~ぁ しんど! >>