いらっしゃいませ! 大阪発 ビール大好きbeerpapa(ビアパパ)の鳥撮りBLOGです。


カラスのようでカラスじゃない

なに?この真っ黒い鳥は? 初見鳥です。手持ちの野鳥図鑑にも載っていない。
NETで調べると、その名は八哥鳥(ハッカチョウ)
カラスよりずっと小さくムクドリ程度の大きさです。

一羽が枝にとまってました。
a0076493_11533992.jpg

700mm望遠で撮るとカラスそっくり だけど小さく、嘴は白っぽいそして目が良く目立つ。
a0076493_11535865.jpg

来ました!なんと羽の内側には白い大きな斑点が・・・コレはおもしろい ♪~♪
a0076493_11545524.jpg

冠羽があり目は橙色、お尻のほうの羽にも白い模様があります。
a0076493_11551441.jpg

仲間たちもやってきました。雄雌同色のようです。
a0076493_11554185.jpg


この日は雪が降っていてけれど、寒さを忘れて見入りました。

                                                  
 クリックすると大きな画像になります。
【八哥鳥の概要】
中国大陸南部、インドシナ半島に生息し、透明度の高い鳴き声で言葉も憶える事から飼い鳥として人気があった。
日本では沖縄与那国、鹿児島県で記録があるが、篭脱けにより自然繁殖をしているらしい。

   学名:【Acridotheres cristatellus】
   全長:約27cm ムクドリ科

東日本大震災の為撮影を自粛していました。
一日も早い復興をお祈りいたします。

by beerpapa | 2011-03-20 12:06 | ハッカチョウ
<< 水鳥たち 高松栗林公園のメジロ >>